女性用媚薬の効果について

 

なぜ女性が女性用媚薬でイキやすくなるのか?女性用媚薬、そりゃ凄く効きますよ。

 

理由は医学的知識がないもので、専門的なことは分かりませんが、使ってみた女の子の状態を見れば実感できます。

 

実際めっちゃ使ってるし、その効果も目の当たりにしてますからね。

 

女性用媚薬を使ってみよう!まずは合コンの席へ

 

まずは合コンのとき、これはもう必需品です。飲むタイプや香水タイプの女性用媚薬を用意して、気になる女の子の隣りに座ります。で、その子の飲み物に直接1滴以上、女性用媚薬を入れて見守ります。

 

30分くらいしたら、明らかにモジモジし始めますからね。女の子は、頭の中で妄想して感じるタイプ。「なんだか体が熱くなってきたわ、どうしたんだろう・・」とか「アソコがジンジンしてきたの、触りたい、感じたい・・」というような精神状態になってきたら、こっちのもの。

 

あとは声をかけて、外へ連れ出す展開に持ち込めばいいんです。

 

女性用媚薬を使ってみよう!次にホテルへ

 

外に出るってことは、ホテルへ向かうってこと。女性用媚薬が効き始めていたら、ホテルへ誘ってもOKをもらえる確率が高いですよ。ホテルへ入ったら、今度はクリームタイプの塗る女性用媚薬を用意します。

 

裸にして愛撫を始めたあと、女の子のイチバン感じる部分に、クリームタイプの女性用媚薬を塗り込んであげるのです。最初はびくっとして、恥ずかしがるそぶりを見せますが、それも女の子特有のポーズ。

 

「なんだか今夜は敏感になってる・・」って思わせることができたらバッチリでしょう。乳首、それからクリトリスに女性用媚薬を塗りつけてください。膣の中も効果的ですし、アナルにも塗っていいと思います。

 

ただ、女の子によってはエタノール系のぴりぴり感を嫌がる子がいますので、様子を見ながら少しずつ塗ってあげましょう。

 

女性用媚薬を使ってみた!という思い込みが、女性をその気にさせることも

 

「なに塗ってるの?」と聞かれたら、「女性用媚薬だよ。」と正直に答えてあげるのも、効果をアップさせてくれます。

 

今感じる部分に媚薬を使われた、私、媚薬を着けちゃったんだ!と思わせることで、気持ちが高ぶるんですね。これをプラシーボ効果といいます。

 

思い込みでどんどん感じてしまう女の子の心理状態、これはしっかり活用したいですよね。

 

人によって効果は様々なので、楽しむのがイチバン!

 

ただし、女の子によっては、クリームタイプを拒否したり、効かない子も出てきます。

 

そんなときは飲むタイプに切り換えたり、じっくり時間をかけて様子を見たり。焦ってはいけませんよ。

 

効果は人によって様々ですからね。セックスとメンタルは切り離せないものですから、女の子の状態に合わせて、女性用媚薬を使いこなしたいものです。